日々糖質webは糖質&ゆるい糖質制限に関する情報サイト

今回は【ロコモ】について
血糖値・糖質制限食・糖尿病・ローカーボダイエット・糖化物資AGEs・アンチエイジングなどなど日常生活でよく耳にする「糖質」について、メカニズムや食事・食材などのいろいろな視点から知識や情報を集め勉強しています。

スペース画像
イメージふくろう

ロコモーティブシンドローム(運動器症候群)といわれる「健康キーワード」が今後あちこちで聞くことになるでしょう。けっして他人のことでなく、また中高年~高齢者だけの問題ではありません。予防はできる!悪いところを切り取ることができないロコモ、じわじわと改善・予防することが最善なのです。

※管理人は、ゆるい糖質制限ダイエットを実践して減量に成功しました。それはまたロコモ予防にもすごい有効であったわけです。それでは、記事いきます。

糖質制限食とロコモ

糖尿病は最も危険な病気ですが、それが元で引き起こされる様々な症状でもロコモが引き起こされます。末梢神経が障害を受けると特に足がやられると、歩行が困難になり運動機能が衰えます。

また動脈硬化が進むと血圧が上がり脳出血を起こしやすくなり、一たん起こると命が助かっても半身マヒが残る事が多く、運動機能が著しく衰え、寝たきりになる事が多くこれも脳の機能障害によるロコモといえます。

成人病のおおもとの原因は殆ど糖尿病と言っても過言ではありません。糖尿病による循環器障害は様々な症状を引き起こします。

脳梗塞を起こせば命が助かってもやはり脳出血と同じく半身麻痺がのこり、運動機能は低下します。足にえそが起これば切断しなければならず、義足を着けても運動機能低下は避けられません。特に高齢者は一度衰えた運動機能を元に戻すのが極めて困難ですから、特に糖尿病は循環器系の殆どの症状の主原因ですから、悪化させないように厳密に血糖値のコントロールが必要で、様々な症状が出ないようにしなければなりません。

そのためにはカロリーコントロールより、糖質制限が無理なく続けられ、血糖値を下げるのに極めて有効です。

いきいき健康で長生きしたいですよ

人の身体を健康に保つためには、まず血液の成分的な質を良好に保つ事が一番重要です。

例えば血液の成分のブドウ糖が多い状態が糖尿病の引き金になるいわゆる高血糖じょうたいで、中性脂肪が多いと高脂血症です。

赤血球がくっ付いた状態のドロドロした血液は酸素のスムーズな運搬に支障をきたして、全身状態の低下につながりかねません。そして基礎代謝も落ちて免疫力も低下します。 ↓どろどろしてる血つまりがちな血管

身体の基本である血液や血管、これを良好な状態に保つ為には何といっても日々の食事の質と量が重要です。

年に何回も新商品が販売されるジュースや炭酸飲料などのソフトドリンクの飲み方は、ひと昔前では考えられないほど、これだけでも一般的に人々は糖質の摂り過ぎとなります。

ロコモの引き金になる要素

メタボの原因となるのはカロリーのとり過ぎよりも、炭水化物と砂糖のとり過ぎがおもな原因です。
メタボや肥満は糖尿病やロコモの引き金になる腰痛や膝痛の大きな原因になります。メタボや肥満は血液の質が悪くなり、身体のバランスが崩れた結果なのです。

そのメカニズムは糖質過多の食事の後に血糖値が急激に上がり、インスリンが大量に分泌され血中のブドウ糖を分解して中性脂肪に変えます、血液中に脂肪があふれますので、身体はその脂肪を内臓の周りに蓄積します。
これが内臓脂肪です。
皮下脂肪は付きにくいのですが、じわじわと少しずつ張り付き、特に中年女性は時間をかけてホルモンバランスの変化も影響していわゆるオバサン体型になっていくのです。

その結果体重が増加して膝や腰に大きな負担がかかってきます。これもロコモの引き金になる要素です。

バランスで整える健康なカラダ

人の身体は微妙なバランスの上に健康体を保っています。どこかの要素が崩れると次々と不都合な現象が、身体に現れて来ます。その様な症状が出る前に身体を正常な状態に戻す事が重要です。肥満やメタボの改善や運動不足の解消、食事の内容の抜本的な改善も必要です。そして時間がかかって悪化した状態は短期間では改善しません。地道な努力が必要です。

血液と血管を健康に保つ事は、全身の状態に大きな影響を及ぼし、身体を健全に保つために最も重要な事なのです。いまだにカロリー制限一辺倒ですが、今こそ糖質制限に切り替えて、血糖値が上がりにくくして糖尿病のリスクから逃れましょう。そして無理なく痩せて行く事ができます。

そこにカロリーの高い食品に注意し、動物性脂肪を摂り過ぎないようにすれば、無理無く充分に満足できる食生活をおくって、体調管理も万全になります。

糖質制限食で痩せる!といっても自分勝手な極端な方法はNGです。例えば糖質を一切とらないとかといった方法は危険ですし、身体のバランスを壊すだけで長続きしないので絶対にやめてください。

※要注意
またすでに糖尿病で薬物治療を受けていたり、すでにインスリン注射を使っている人は、必ず始める前に主治医に相談してください。

まずは、糖質(炭水化物)1日120グラム

そして減量を考えている方は、まず一日の糖質を120グラムに抑える緩やかな方法がオススメです。それにプラスして夕食には糖質を摂らない食事が効果的です。ゆっくり結果がついて来ますので、気長にのんびり構えてずうっと続けていく事が一番大切です。

※管理人が、ゆるい糖質制限を実践してみたところ1ヶ月に1キロ減のペースで半年かけて6キロ減量できました。この実践データは、近日中にサイトにアップしようと思っています。(毎日計りました!)

からだにいい食材