肥満より怖い筋肉の減少はアミノ酸不足

皮下脂肪を取ることばかりが注視されますが、筋肉について考えてみましょう。カロリー制限ばかりがダイエットではないので、炭水化物を減らしながら、アミノ酸不足を予防しましょう。

スペース画像
イメージふくろう

肥満より怖い筋肉の減少

太っている女性のほとんどが、筋肉の減少という深刻な現象に、気がついていません。アミノ酸不足で筋肉量が低下しているのです。

貴女は普段から意識して歩いていますか?ウォーキングとか、ジョギングしてますか?しているならば結構、していないならば明日と言わず今すぐに、散歩に出かけてください。現在ある筋肉をとりあえず維持しなければなりません。

痩せるためには筋肉を取り戻さねばなりません。そうでないと満足のいく生活の質を維持できません。

運動能力が高まると、基礎代謝もあがります。余分な脂肪は筋肉で燃やすのですから、筋肉が増えればそれだけ消費する脂肪が増えるのです。 言い換えれば余分な脂肪は筋肉のみでしか、消すことができないのです。

ダイエットは理論上は極めて簡単かつ単純なことなんです。
人が普通に生活するために消費するエネルギーと同じだけのエネルギーを食事でとれば、太らないのです。それが基礎代謝と食事の関係です。

ですから、筋肉を増やせば消費するエネルギーも増えますので、ダイエットにおいて筋肉はとても重要な要素なのです。

運動では痩せない

要は、運動すればいいのね!と思った方に一言申し上げます。残念ながら、運動してエネルギーを使うことではなかなか痩せません
なぜなら、「今まで運動をしてこなかったから太った」と言えなくもないわけですよね。 太ったから急に運動するといっても土台無理な話でしょう。

いいですか、運動する筋肉がないので、太った人はそもそも あまり歩かないばかりか、歩けなくなっている人が実はとても多いのです。

ですから痩せるためにはまず筋肉の減少をくい止めること、次に徐々にでいいので増やすことが痩せる前に必要なのです。

そして筋肉を維持してそして増やすためには、筋肉の材料であるタンパク質のもととなるアミノ酸を十分に食事でとる事が必要です。

しかしここに大きな問題があるのです。

炭水化物を食べすぎ

太っている人はほとんどが、炭水化物のとりすぎで肥満になることです。

肉の食べ過ぎで太ることは日本人ではまずないでしょう。それどころか太っている人の食事では肉や魚やたまご、乳製品といった筋肉の元になるタンパク質の摂取量が少ないのです。

果物なら大丈夫の嘘

食事の量がそれほど多くなくても、「別腹よ」で入る糖分の多いケーキ・アイスクリーム食べてませんか?
お菓子だけじゃない、それにかなりヤバイ信仰なのですが、フルーツが身体に良いと思いこんでいる人が多いのです。

くだものフルーツの甘みの果糖は、吸収されると即、中性脂肪に早変わりしますので、冗談ではなく食べ過ぎればフルーツ太りを起こしますよ。

我が家の愛犬が無類のフルーツ好きで、ついついやりすぎて本当にフルーツ太りを引き起こし、その後減量にすごく苦労しました。


痩せる為にたんぱく質をたっぷり食べる

タンパク質不足で炭水化物過多では完全にアミノ酸不足の栄養失調で、内蔵も弱り、全身状態が悪化します。

現代人は完全に全世界的に炭水化物のとりすぎによる肥満が蔓延しています。生活習慣病のほとんどがそのことに関連しています。

タンパク質をたっぷり食べて、炭水化物(糖分)を減らして野菜をちゃんと食べれば、全身状態が改善して運動を心がければ、筋肉がついて代謝が上がり、ゆっくりと確実に体重は減っていきます。

もちろん、リバウンドしにくい身体になってるのです。