日々糖質web_血糖値について

血糖値・糖質制限食・糖尿病・ローカーボダイエット・糖化物資AGEs・アンチエイジングなどなど日常生活でよく耳にする「糖質」について知らないことばかりの私は、メカニズムや食事・食材などのいろいろな視点から知識や情報を集め勉強しています。

スペース画像
イメージふくろう

血糖の正体

血糖と言うと何だと思う方も、血糖値と言われるとああそうかと合点がいきますね。では血糖とはなんでしょうかと聞かれると、はてな?なんだろうとなってしまう方も多いかもしれません。それはブドウ糖のことです。

ブドウ糖は、人間のエネルギー源で全身の細胞に行き使われます。大切な血糖ですがこれが多すぎると、様々な悪さをします。「食後二時間の血糖値」と「空腹時の血糖値」がポイントになります。

糖尿病と言えばズバリ、血糖との一生続く戦いですね。今や日本の国民病と言えるほどの患者数です。かくれ糖尿病といわれるひとや予備軍が相当いる生活習慣病のひとつでもあります。

高血糖という状態は、怖い事に初めのうちは自覚症状がありません。食事が美味しい!もっとたくさん食べたいとバクバク食べ続けます。そして会社の健康診断や、市町村の検診で幸いにも初期のうちに、あなたは血糖値が高いと指摘されればまだましです。これを軽く考え放置して、定期的に血液検査を受けずに年月が過ぎると、身体のあちこちに不具合が現れてしまいます。

血糖は何からできているのか

では血糖は何から作られるのでしょうか、それは砂糖を含めた炭水化物が原料になります。

血糖値をコントロールしようとして、うまくいかない人の殆どがカロリー計算の食事療法をやっていますが、これがダメなんですね。血糖を下げるためにはカロリーは関係ありません。 糖質(炭水化物)を食べる量を減らさなければいけません。肉や脂は血糖に関しては一切無関係です。

血糖値をさげなければいけない理由

血糖値をなぜ下げなければいけないのか?

それは血液が全身を循環して私達の生命の維持と、健康に直結しているからなのです。

血糖の多い血液は、全身に不具合をひき起こします。動脈硬化によって毛細血管が血液を循環できなくなり、様々な機能が失われて二度と元には戻りません。 腎臓ではおしっこが作れなくなり、人工透析に頼って生きなければなりません。

目に症状が出ると、最悪で網膜症で失明します。頭で症状が出ると脳梗塞・脳出血で死亡する事もあり、発症後は重い後遺症が残ります。 心臓では血管が詰まる心筋梗塞が起こり、そのまま死亡する事があります。

血糖値の関連ページ

予防できるアルツハイマー型認知症_血糖値コントロール
若くてもアルツハイマーが発症する謎!認知症予防に血糖値コントロールが関わっていることがわかりました。ボケる仕組みを理解して生活習慣病にも対処しましょう。